学習指導要領に沿った教材+外国人講師とのマンツーマン英会話。小中学生向け英語教室

ヒューマンアカデミー ランゲージスクール

フリーコール:0120-951-115

教育改革で英語教育はどう変わるの?教育改革で英語教育はどう変わるの?

2018年から英語教育改革がいよいよ本格的にスタートし、
「英語で対話する力」を重視した教育へと変化します。
2020年、そしてその先へ向けて、お子さまに必要な英語教育はどうなっていくのでしょう?
  • 全体像対話力重視の教育へ
  • 中・高・大入試は「伝わる英語重視」
  • 小3から「外国語活動」が必修化
  • 文法重視から「英語で対話できる力」重視の教育へ

    2018年度、お子さまを取り巻く英語環境は変革の時を迎えます。
    将来的に英語で討論・交渉ができることを目指した実践的な英語教育へと変わります。

    英語を勉強したはずなのに、全然話せない…そう感じている保護者の方も多いのではないでしょうか。こうした状況への反省を踏まえ、英文和訳や文法、単語の暗記などを重要視してきた今までの教育から、英語で対話できる力を伸ばすための教育へ変わろうとしています。

    小・中・高を通して英語で討論・交渉ができるような英語技能を育む学校教育へ
    2018年度~
    改訂ポイント
    Talk対話する
    Reading
    読む
    Listening
    聞く
    Speaking
    話す
    Writing
    書く
  • すでに中学・高校・大学入試は「伝わる英語」を重視

    • 中学
      従来までの「読む」「書く」学習にプラスして、2021年度からは授業を英語で行うことが基本に。取り扱う語数や文法事項も増加。
    • 高校
      単語を覚え、文法の構造を理解する知識をつけながら、英語で発表や討論をする授業がさらに強化。
    • 大学
      2020年度から新たな大学入試制度がスタート。民間の検定・資格試験も導入され、本格的に4技能化。
  • 中学・高校・大学入試の変化を受け、
    小3から「外国語活動」が必修化、小5・6は成績がつく「教科」へ

    2020年度実施の新学習指導要領では、これまで小5・6が対象だった「外国語活動」が小3・4へと早期化。
    そして小5・6では、「外国語活動」から教科としての「外国語科」に格上げされます。完全実施に先立って、2018年度から移行措置がスタート。小3・4では年15コマの外国語活動を新たに実施、小5・6では現状年35コマの外国語活動に15コマを加えた計50コマで、教科としての外国語科の内容も含めた授業が行われます。

    小3・4

    2018・2019年度:移行措置(年15コマ)
    2020年度〜:外国語活動(年35コマ)

    • 「聞く」「話す」が中心

      外国語活動では、「聞く」「話す」を通じて英語に慣れ親しみ、コミュニケーションを図る素地を育成することが目標とされています。
      国語や音楽、図画工作など、他教科との連動も重視されます。

    • 学校により授業内容・習熟度にバラつきも

      これまで小5・6で実施されてきた外国語活動ですが、各小学校の裁量によるところも大きく、授業内容や児童の習熟度にかなり違いが生じていたことも事実です。出身小学校によって英語力に差が出てしまい、中学で英語に苦手意識を感じるお子さまが出てしまうという現状も。

    小4・5

    2018・2019年度:移行措置(年50コマ)
    2020年度〜:外国語科(年70コマ)

    • 「聞く」「話す」+「読む」「書く」の4技能化

      教科化された外国語科では、「聞く」「話す」に加えて「読む」「書く」も扱われます。「英語に親しむ」から、「英語の基礎的なスキルを育てる」ことが目標となり、いよいよ小学校でも英語の成績が評価されるようになります。

    • さまざまな英語に触れる機会が増加

      授業を実施するにあたっては、ネイティブスピーカーや英語が堪能な地域人材などの協力を得るなど、指導体制の充実を図ることとされています。日本人の先生やネイティブスピーカーのALT(外国語指導助手)、さらには 地域在住の外国人など、さまざまな人の話す英語に触れる機会が増加することが予想されます。

学校の教え方によって英語力にばらつきが出てしまうのね…うちの子は英語教育改革についていけるのかしら…?学校の教え方によって英語力にばらつきが出てしまうのね…うちの子は英語教育改革についていけるのかしら…?

英語教育の変化に対応するうえで大切なのは、
語彙や文法などの「知識」と実際の場面で
「使いこなす力」を身につけ、
4技能をバランスよく伸ばすこと。

ヒューマンアカデミーランゲージスクールでは、小中学生の学習経験や習得レベルに合わせた全く新しい学習方法をご提供します!

レッスンの流れ

ヒューマンアカデミーランゲージスクールのレッスンは、
2人の先生がお子さまを個別指導する効果的な学習システムです。

  • 知識

    日本語も用いてしっかり理解 日本人講師による予習レッスン

  • 使いこなす力

    リアルな英語でたっぷり実践演習 外国人講師による実践レッスン

なぜ日本人講師と外国人講師の組み合わせ?

日本語での論理性がついてきた小学生以上からは、母語と全く異なる英語の語彙や文法・音声を、
いきなりオールイングリッシュで学ぶことは、とてもハードルが高いもの。
お子さまが慣れ親しんだ日本語も用いることで、素早くスムーズに英語に親しめ、
バランスよく4技能を伸ばすことができると考えています。

1回60分のレッスンで、
インプット→アウトプットを効果的に行います。

STEP 01
日本人教師
所要時間:30分

予習レッスン

インプット(知識)

お子さまの日本語の知識を活用し、
日本語との違いも意識しながら学習。

STEP 02
外国人教師
所要時間:25分

実践レッスン

アウトプット(使いこなす)

学んだ知識をその場で会話に活かし、
「話せる!」を実感。

STEP 03
日本人教師
所要時間:5分

復習タイム

定着

学習内容を振り返り、「もっと学びたい!」
という意欲を高めます。

従来の学習法 ヒューマンアカデミーランゲージスクール
【学習塾】
  • 読み書き、暗記型勉強法では会話力が身につかない。
  • 予習レッスンで語彙・文法をしっかり学んだ直後に外国人講師とマンツーマンで英会話を行うことで、生きた英語を使いこなす力が身につきます。
【英会話スクール】
  • 歌やゲーム中心で文法や読む力の基礎が身につかない。
  • グループレッスンで先生と十分に話せない。
  • 学習指導要領準拠のオリジナル教材で、必要な語彙力・文法も強化。学校の成績アップにもつながります。
  • 日本人・外国人の2人の講師がお子さまを個別指導。しっかり学び、たっぷり話すことができるので、高い英語力が身につきます。
【オンライン英会話】
  • 自宅で手軽に受講できる反面、親が付いていなければならず、フォローできるか心配。
  • 学習に集中しやすい教室で、経験豊かな日本人講師が必要に応じてきめ細かくフォローするので、お子さまが安心してレッスンに取り組めます。

コース紹介

お子さまの学年や英語学習経験に応じて2つのコースが選べます。

本科講座(英語4技能コース)

エレメンタリーコース

推奨学年:小学2年生〜4年生

基礎的な語彙や表現を楽しく学びながら、英語の音や会話のリズムに親しみ、会話力やコミュニケーション力の土台をしっかり作ります。
受講生の声

日本人の先生がていねいに教えてくれるので、
とてもわかりやすいです!

(東京都・小3)

本科講座(英語4技能コース)

プレップコース

推奨学年:小学5年生〜中学2年生

学習指導要領に準拠したカリキュラムで、中学3年間で学習する内容を網羅し、授業の先取りや復習に役立つコース。「話す力」「聞く力」を徹底的に鍛えます。
受講生の声

外国人の先生と25分間オンラインで集中して話すので、
楽しいし力がつきます!

(愛知県・中1)

さらに、検定試験対策の講座もございます。

英検®対策講座(3・4・5級)

テキストによる自習と、マンツーマンのスピーキング対策による集中講座で、本番に備えます。
(エレメンタリーコース・プレップコースと同時受講が可能です。)
  • 英検書シェアNo.1の旺文社テキストを使用英検書シェアNo.1の旺文社テキストを使用
  • スピーキング解説ビデオスピーキング解説ビデオ
  • オンラインでスピーキング模擬レッスンオンラインでスピーキング模擬レッスン

受講料

5,600円(税込)全8回 マンツーマンオンラインレッスン2回含む

  • 別途テキストが必要になります。
  • 表示価格は標準価格です。教室により諸費用などが異なる場合があります。
合格実績2017年度 第3回/2018年度 第1回 実用英語技能検定にて
3級合格率→83.3% 4級合格率→92.8%
※合格率の算出方法
  • ヒューマンアカデミーランゲージスクール「英検®対策講座」受講者のうち、2017年度第3回・2018年度第1回実用英語技能検定(英検®)を受験し、合否結果を弊社にご報告いただいた方を分母として算出(英検®未受験者、および途中退会者は除く)。
  • 受講された「英検®対策講座」の該当級の合否結果についてのみ集計。
※英検®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。
※このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

入会までの流れ

STEP 01
まずは無料体験レッスン予約

フォームよりお申し込みください。実際にレッスンを受けていただき、お子さまとの相性や教室の雰囲気も含め、じっくりご検討ください。

STEP 02
無料体験レッスン

ご希望の教室にて、通常レッスンと同じ内容を、1回分ご受講いただけます。ご不明なことがあれば各教室におたずねください。

STEP 03
入会お申し込み

各教室でお渡しする入会申込書にご記入のうえ、お申し込みをお願いいたします。
※申込書の提出方法は各教室からのご案内に合わせてください。

よくあるご質問

これまで全く英語は勉強させていないのですが、大丈夫でしょうか。

はい、全く問題ありません。
ほとんどのお子さまがこれまで英語の勉強をしてきていません。
日本人講師によるフォローもあり、会話はマンツーマンなので、英会話スクールにありがちな、引っ込み思案のお子さまが殆ど話せず、ついていけなくなるといった心配もありません。

わざわざ教室に通ってオンライン英会話をするのですか?自宅でも出来るのでは…?

オンライン英会話は費用も安く、いつでもどこでも手軽に英会話レッスンができることが利点ですが、お子さまを対象とした場合、保護者様が横についていることを推奨されており、保護者様の負担が大きいというデメリットがあります。
教室に通って、専門知識のある日本人講師との事前学習をした後に外国人講師との英会話に臨むので、密度の濃い授業となり、高い学習効果が期待できます。

学校での英語の授業の補完になりますか?

ヒューマンアカデミーランゲージスクールで使われているテキストは、学習指導要領に準拠したオリジナル教材ですので、学校で習う文法、単語を踏まえて制作されています。
伝わる英語+学校の授業にも強くなる、画期的な学習法です。

まずは無料体験レッスン!
実際に体験して学習効果を
実感してください!